広告会社ディレクター

藤城 敏郎 58歳


Q.おじさんの仕事は何?

A.広告を考えて作ること。広告でお店にお客さんを集めたり、商品を買ってもらったりする。情報を伝えるだけじゃなくて、人を動かすところまでが仕事なんだ。すごく楽しい仕事だよ。住宅会社が設計士やコーディネーター、電気屋さんや大工さんを統括してお家を作るように、デザイナーやコピーライター、カメラマン、印刷会社などをまとめて広告を作るんだ。

 

Q.うれしいことは?

A.自分の考えた企画(広告戦略)で、思い通りの結果が出た時かな。広告主も広告を見た人もみんながハッピーになれた時は、この仕事をしててよかったなと思うよ。

 

Q.たいへんなことは?

A.ぜったいおかしいと思うことをお客さんから要望される時は困っちゃうね。でもそれを否定せずに受け入れて、お客さんも納得できる正しい方向へ導いて行けるのが、どんな仕事においてもプロなんだよね。

Q.生まれ変わっても同じ仕事がしたい?

A.何かをゼロから作って、表現することを仕事にできたら幸せだと思う。数十年ぶりに復帰した卓球が楽しくてしょうがないから、卓球選手でもいいかなぁ。

Q.20年後にこの仕事はどうなってる?

A.世の中の広告が減ることで、いろんな商品やサービスが値上がりしたり、無料が有料になっちゃうかもね。ママゴンも広告があるから無料で配布できてるんだ。情報を伝えるメディアは大きく変化しても、本気で商品を売ろうとする人は、広告の力を利用し続けるだろうな。

【おじさんの職場】
(株)プランズ
豊橋市東新町222 渥美ビル1F   ☎0532-56-7700

 

おじさん7.jpg

【2022年 ママゴン4月号掲載】